恵那さくら動物クリニック

クリニック概要

病院内施設紹介


  • 待合室

    待ち時間もリラックスしていただけるように心がけています。


  • 第1診察室

    メインの診察室です。


  • 第2診察室

    診察と各種画像検査を行います。


  • 第3診察室

    点滴・吸入処置および入院の際の面会等を行います。


  • 入院室

    犬・猫別々の入院室に分かれており、消毒を行いやすいステンレスケージ、ICUユニット酸素室があります。


  • 隔離室

    感染症の動物を隔離する入院室です。


  • レントゲン室

    小動物専用のX線撮影システム(PETMATE EFX Version)を導入し、動物に吸収される無駄なX線をおさえ、少ない被ばくでしかも効率の良いX線検査ができます。


  • 手術室

    手術を行います。最新の麻酔器、各種モニターを導入しています。


  • 調剤室

    薬の調剤を行います。

設備・機器紹介


  • 電子カルテシステム
    (アニレセクラウド)

    従来の紙カルテと比べて作業時間が短縮され、複数台のiPadを使用することで、スタッフ間で情報をリアルタイムに共有できます。


  • CR装置

    従来と違いデジタル処理しますので安定して良い画質での撮影が可能です。フィルムを現像する必要がありませんので待ち時間が少なくなります。


  • 血液化学検査器

    血糖値や肝臓・腎臓など内臓の状態の評価や、電解質の測定等を短時間で検査します。


  • 自動血球計算装置

    血液中の赤血球数や白血球数などを計測し貧血や全身状態の診断に役立ちます。


  • 血液凝固分析装置

    生まれつき血が止まりにくい、手術前に血が止まりにくい病気がないかなどを検査します。


  • 尿分析装置

    尿検査(白血球、蛋白、尿糖、潜血など)を行います。腎臓病、膀胱炎、糖尿病などの診断、評価をすることができます。


  • ICUユニット

    心臓病・呼吸器疾患の動物の治療(酸素吸入)を行うことが出来ます。


  • 超音波診断装置

    内臓や心臓の状態を体に負担を掛けずに調べることができる装置です。


  • 眼圧計

    眼圧を測定します。緑内障やブドウ膜炎の診断に使用します。


  • スリットランプ

    目の表面だけでなく前眼房(角膜の内側)や水晶体の状態を詳しく調べることができます。眼の検査には欠かせない検査器具です。


  • 動物用心電計

    心電計は、心臓の電気信号をとらえて、心臓の動きを波形(心電図)で記録する装置です。心臓の異常の有無を調べます。


  • サウンドスコープ

    心臓の音(聴診音)をスピーカーを通して飼主様と一緒に聴くことができる装置です。


  • 電気メス

    電流によって組織を切開、止血することができます。


  • 超音波凝固切開装置(ソノサージ)

    手術の際に縫合糸を使わずに血管の処理ができます。そのため体内に使用する縫合糸の量を減らし、異物反応(縫合糸肉芽腫)のリスクを減らすことが可能です。


  • ネブライザー

    呼吸器の病気の際に薬剤を直接噴霧吸入させるための装置です。

    吸入専用のケージで治療を行います。


  • 内視鏡

    異物の除去や食道、胃、腸の病変を直接見ることが出来ます。また、組織の一部を摘み取って病理診断する事が出来ます。


  • クリヨペン

    凍結療法に使用します。液体窒素を使って組織を凍結し、不要な組織(イボ等)を破壊・除去します。眼瞼周囲の腫瘤切除後に使用しています。


  • 生体情報モニター(麻酔モニター)

    麻酔をかけた際に動物の状況をモニターする装置です。呼吸数/心拍数/血圧などをリアルタイムで監視し麻酔管理を行うことが可能になります。


  • 吸入麻酔器

    動物用の吸入麻酔器です。手術が安全におこなえるよう麻酔と呼吸を管理します。


  • 手術用保温マット

    手術中の体温維持用のために温水をマット内に循環させる装置です。


  • オトスコープ(耳内視鏡)

    耳道内が鮮明に観察でき、耳道洗浄や異物、耳垢の除去が可能です。


  • 歯科用デジタルレントゲン

    歯の処置でレントゲン撮影は非常に重要な検査です。センサーで読み取った情報をデジタル表示します。フィルム撮影と比べて画像を拡大できるので歯の状態を詳しくかつ迅速に知ることができます。


  • 超音波スケーラー

    超音波振動で歯に傷をつけないよう歯石を除去します。


  • 歯面研磨(ポリッシング)機

    歯石をスケーラーで除去した後、研磨剤を付けて歯面を磨く際に使用します。歯石の再付着を防ぎます。


  • 錠剤・散剤自動分包機

    防湿性の高い分包紙を使用し、錠剤や粉薬を自動的に均一に分包する装置です。

診察内容 arrow
各種予防 各種ワクチン、フィラリア予防、ノミ・ダニ予防
一般内科 皮膚疾患(アトピー・アレルギー)、消化器疾患、ホルモン疾患、腫瘍
外科手術 避妊・去勢手術、腫瘍外科、消化器外科、形成外科、泌尿器外科
定期健康診断 世界基準の小動物検査専門機関IDEXXと提携
歯科 デンタルケア、歯石除去、猫の口内炎治療
画像診断 内視鏡、超音波診断装置、歯科用デジタルレントゲン
高齢ペット高齢動物医療 高齢動物の病気の予防や介護
診療方針・特徴 arrow

最新の獣医療を取り入れた質の高い診察を行っていくと共に、常に動物に優しい治療を追求します。
また、ていねいで分かりやすい説明を心がけています。

診察対象動物 arrow

犬、猫のみ

診療エリア arrow

当動物病院は恵那市、中津川市、瑞浪市以外でも、近隣の土岐市、多治見市、加茂郡八百津町、東白川村、白川町、長野県下伊那郡阿智村、根羽村、平谷村、木曽郡南木曽町、大桑村、愛知県北設楽郡設楽町の動物達の診察も行います。

動物保険 arrow
各種クレジットカード対応 arrow
  • visa
  • mastercard
  • jcb
  • AmericanExpress
  • diners
  • diners
  • ufj
  • nicos
  • uc
  • mufg
PAGETOP